• HOME > トピックス > 2014年 > 小畑英一弁護士がパネリストとして登壇した東京三弁護士会(倒産法部)合同シンポジウム「倒産と担保‐現代的課題の解決・倒産法改正を見据えて」(2014年4月23日開催)の 全容が、NBL1027号に掲載されました。

トピックス

一覧に戻る

2014年6月15日

小畑英一弁護士がパネリストとして登壇した東京三弁護士会(倒産法部)合同シンポジウム「倒産と担保‐現代的課題の解決・倒産法改正を見据えて」(2014年4月23日開催)の 全容が、NBL1027号に掲載されました。

2014年4月23日に弁護士会館にて開催された東京三弁護士会(倒産法部)合同シンポジウム「倒産と担保‐現代的課題の解決・倒産法改正を見据えて」の全容が再現され、NBL1027号10頁以下に掲載されました。小畑英一弁護士は第1部パネルディスカッション「留置権・先取特権を巡る諸問題」にパネリストとして登壇し、倒産実務家の立場から発言しています。

一覧に戻る