• HOME > トピックス > 2012年 > NBL987号に、森直樹弁護士が研究会・執筆に参加した事業再生迅速化研究会第2PTによる「会社更生手続における手続迅速化に関する運用上・立法上の提言(上)」が掲載されました。

トピックス

一覧に戻る

2012年10月15日

NBL987号に、森直樹弁護士が研究会・執筆に参加した事業再生迅速化研究会第2PTによる「会社更生手続における手続迅速化に関する運用上・立法上の提言(上)」が掲載されました。

NBL987号に、森直樹弁護士が研究会・共同執筆に参加した事業再生迅速化研究会第2PTによる「会社更生手続における手続迅速化に関する運用上・立法上の提言(上)-スポンサー選定、情報開示、基準時、上場維持、会社分割などを中心に」が掲載されました(75頁以下)。 事業再生迅速化研究会は、長谷川宅司弁護士が主宰し、学者、事業再生に携わる中堅・若手弁護士による早期事業再生・会社更生手続を主な研究テーマとする研究会です。約半年間の研究成果をNBL985号(2012.9.15)から全10回にわたり連載しています。 森直樹弁護士は同研究会の第2PTに所属し、主に事業再生ADRなどの私的整理手続から会社更生手続への移行に伴う問題を研究・報告し、執筆を担当しました。 ■http://www.shojihomu.co.jp/nbl.html

一覧に戻る