所属弁護士

一覧に戻る

島崎 伸夫 Nobuo Shimazaki

経歴
2002年3月
慶應義塾大学法学部法律学科卒業
2003年10月
弁護士登録(第一東京弁護士会)
長島・大野・常松法律事務所
2009年4月
法務省東京法務局訟務部 部付
2011年4月
公正取引委員会事務総局官房審決訟務室 室長補佐
2013年7月
国税庁東京国税局調査第一部 国際調査審理官
取扱分野 企業法務/訴訟・争訟/行政法/独禁法・競争法/税務/刑事
各種委員等 税務大学校 外部講師
第一東京弁護士会 法教育委員会副委員長
関東弁護士連合会 法教育センター副委員長
東京弁護士会 自治体等法務研究部員
第二東京弁護士会 自治体法務研究会員
第一東京弁護士会 総合法律研究所
倒産法研究部会
行政法研究部会員
独占禁止法研究部会員
租税訴訟実務研究部会員
編著・共著等 『契約用語使い分け辞典』(2011 第一法規 高橋均・稲田博志編)
『ビジネスを促進する独禁法の道標』(2015 レクシスネクシス・ジャパン 白石忠志監修 池田毅・藪内俊輔・内田清人編)
『わたしたちの社会と法』(2016 商事法務 関東弁護士会連合会編)
『Q&A実務解説 法制執務』(2017 ぎょうせい 自治体法制執務研究会編著)
論文 「私的使用の業務への影響と懲戒処分の相当性(特集 雇用問題に関連した紛争回避のために)」(ザ・ローヤーズ3巻11号/2006年11月号)
「演習問題 債権法(債権総論)」(法務通信707号/2010年6月号)
「判例の紹介 国に対する土地所有権確認の訴えについて,不動産登記簿上,土地の所有者が不明であっても,直ちに民法239条2項の無主の不動産であると認めることはできないとして,確認の利益が否定された事例[東京高等裁判所平成21.10.14判決]」(みんけん642号/2010年10月号)
「新時代のWork Front~開拓者たち」(ロイヤーズマガジン19号/2011年1月号)
「第三者による働きかけへの対応(特集 独占禁止法改正と今後の展望)」(ジュリスト1467号/2014年5月号)
「ビジネスを促進する独禁法の道標(第13回)リベートをめぐる独禁法上の問題」(Business Law Journal 80号/2014年11月号)
「トラブルを解決する独禁法の道標2(第7回)継続的取引における優越的地位の濫用─セブン-イレブン見切り販売禁止・制限事件」(Business Law Journal 99号/2016年6月号)
「審判制度廃止後の独占禁止法抗告訴訟に関する考察」(NBL1085号/2016年11月1日号)
「[独禁法事例速報]審判制度廃止後の排除措置命令の執行停止申立ての初め
ての事例―東京地決平成28・12・14」(ジュリスト1504号/2017年4月号)

一覧に戻る