所属弁護士

一覧に戻る

柴田 祐之 Hiroyuki Shibata

経歴
1990年3月
立教大学法学部 卒業
1998月4月
弁護士登録(第一東京弁護士会)
取扱分野 訴訟・争訟/不動産関連法/事業再生・倒産法/知的財産権(コンテンツ等)/ゴルフ場関係
主な関与事件
会社更生事件
武富士(管財人代理 2010)
ロプロ(管財人代理 2009)
民事再生
ダイトー(監督委員 2016)
クレイジー(監督委員 2014)
友愛システム(監督委員 2012)
みつわランドリー(申立代理人 2011)
キーファー・テック(申立代理人 2011)
破産事件
WIZARD(破産管財人 2017)
SPマーケティンググループ(破産管財人 2015)
ディーエスケー(破産管財人 2014)
SFCG(破産管財人代理 2009)
各種委員等 第一東京弁護士会 総合法律研究所倒産法研究部会会員
日本CSR普及協会会員
全国倒産処理弁護士ネットワーク会員
事業再生実務家協会会員
立教大学観光ADRセンター会員
編著・共著等 「破産管財人の財産換価」(2015 商事法務 共同執筆)
「倒産判例インデックス(第3版)」(2014 商事法務 瀬戸英雄・山本和彦編)
『新破産法の理論と実務』(2008 判例タイムズ社)
『Q&A民事再生法の実務』(2008 新日本法規 民事再生実務研究会 編 共同執筆)
論文 「債権査定制度の実務的課題と改正提言」(金融法務事情 1988号)
「更生手続における過払債権の取扱いをめぐる法的問題点」(NBL961号)
「否認権行使の手続」『新破産法の理論と実務』所収(判例タイムズ社 2008)

一覧に戻る